So-net無料ブログ作成

ついにこの時が来た。 打たれても、撃たれても、討たれても。 [アントラーズ]

明日、レアルとの決勝戦。

世界一のクラブチームを決める大会ではあるものの、事実上欧州クラブにとっては罰ゲーム大会。
レアルはさっさと怪我なく帰りたい大会だと思うが、世界一の称号はこの大会のもの。


アジアの、それもACLチャンピオンチームでもない鹿島には簡単に勝てると思っているだろう。
でも。
鹿島には二度と無いかもしれない舞台。
たぶん、きっと、討ち死にする。
でも記憶に残る傷をつけてやって欲しい。

普通の戦い方をして勝てる相手じゃない。
「自分たちのサッカーをすれば」なんて言っているのはキレイごと。
アジアでさえ満足に勝てないチームは、一発奇策でのだまし討ちしかない。

打ち合って勝てる相手じゃない。
でも、サッカーは格下チームでもガチに引いて守ったら、ほぼゴールは割れない。
なので。
点なんか獲らなくてもいい。どうせ無理だから。カウンターのフリだけで充分。
最後まで無失点で、延長も無失点で守り切れ。
堅守の鹿島をみせてやれ。
PK戦なら負けじゃない。記録は引き分けだ。
打たれても、撃たれても、討たれても 立ち上がって守り切れ。

セットプレーには気を付けて。
セットプレーは守り切れないスーパーな相手だから。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。